コンクリート圧送業

コンクリート圧送業とは、コンクリートミキサー車によって建築・建設現場に搬入された生コンクリートを、
コンクリートポンプ車を使用し、油圧により所定の型枠内に生コンクリートを送る、圧送専門工事業です。

打ち込んだ生コンクリートが固まったとき、設計値どおりの強度が必要であるため、
生コンクリートの品質を変えることなく圧送することが必要なコンクリート圧送工は、
十分な経験と高度な技能、およびコンクリートに関する知識が必要とされます。
近年においては、より耐震性・耐久性を追求するコンクリートの高性能化が進み、
建設産業の中でも大切な部分を占める、コンクリート構造物の施工を直接担当する事がコンクリート圧送工事業です。